豊橋で児童に体罰

頭つかみ黒板に複数回ぶつける/女子児童不登校に/岩西小40代男性教諭/「イライラが募り」/以前から暴言など/5年前別の学校でも

2017/11/10

 豊橋市教育委員会は9日、市立岩西小学校の40代の男性教諭が、担任する2年生の男女5人に体罰を加えていたことを明らかにした。

 市教委学校教育課によると、教諭は10月6日の算数の時間に児童の問題集を点検中、女子1人の答案の直し方が不十分だとして頭をつかみ黒板に複数回ぶつけた。

 同30日に保護者から同校にEメールで指摘があり、発覚した。女子児童は翌31日から欠席しているという。同校がクラスの全児童に聞き取り調査をした結果、他にもほうきや定規で頭をたたかれたり、両手で頬をつねられたりした児童がいたと分かった。体罰を受けた児童は男女5人で、教諭は「間違いない」と認めているという。

 今年4月に保護者から教諭の暴言が過ぎるとの訴えが同校にあり、他の教員と2人体制で授業をしていた。体罰は教諭が1人のときに行われたとみられる。教諭は5年前にも別の小学校で、学習内容への理解が不十分だとしてシャープペンシルの先で児童の腕をたたき、皮下出血の軽傷を負わせて県教委から戒告の懲戒処分を受けた。

 校長との面談で「こういうことを子どもにやらせたいとの思いが強く、できないときにイライラが募り行動を起こしてしまった」と話したという。教諭は憔悴(しょうすい)し、児童の前に立てる状況ではないとして10月31日から欠勤している。

 市教委は体罰について「子どもの心を傷つける行為であり言語道断」とした上で、再発防止に向け校長を通じて体罰を見逃さない指導をするよう指示したという。岩西小では10日に臨時の保護者会を開く。

 山西正泰教育長は「教育に対する市民の信頼を裏切ることになり、申し訳ありませんでした」と謝罪した。

2017/11/10 のニュース

頭を下げ謝罪する山西教育長㊨と木下智弘学校教育課長(豊橋市役所で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.