柔らかな世界観広がる

手芸品を展示―本人も登場/「おはなしおばさん」平野京子さん/蒲郡市立図書館で来月10日まで

2017/11/27

 自作の童話を子どもたちに披露している「おはなしおばさん」こと、蒲郡市の平野京子さん(63)の手芸品を展示する「かわいい仲間たち」が、同市立図書館で開かれている。童話に登場するキャラクターや平野さんの衣装などを紹介している。12月10日まで。

 平野さんは、市内の園児などに童話を披露する活動を実施。会場では「おはなしおばさん」の衣装として着用する布製の帽子や、童話に登場する猫などのキャラクターたちが並ぶ。

 展示品は、古着やクッションなどを再利用して制作。費用をかけずに、子どもたちが親しめるグッズ作りの魅力を伝えている。会場には「子育てのうた」として「ほほえんであげましょう。それだけで、子どもは幸せです」などの言葉も紹介している。

 会場は「おはなしおばさん」の世界観に沿って作品を紹介。架空の自宅や家族が、子どもたちを出迎えるように展示されている。平野さんは「柔らかい感触の作品を触りながら、親子で楽しんでほしい」と呼びかける。

 12月2、3両日には、平野さんと衣装を着用しての写真撮影会を開く。午後2時~3時30分まで。同10日には、市民会館大会議室で「図書館クリスマス会」を開催する。午前10時30分から、平野さんが童話の語り聞かせを行う。いずれも参加費無料で、申し込み不要。

2017/11/27 のニュース

平野さんが手がけた衣装などを展示する会場

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.