〝応援を力に全力尽くしたい〟

豊川男子/学内壮行会で都大路へ意気込み

2017/12/20

 約1週間後に京都市内で開催される男子第68回・女子第29回全国高校駅伝競走大会に出場する豊川高校駅伝部男子の学内壮行会は19日、同校鳳翔閣で開かれ、出場選手たちが都大路へ意気込みを語った。

 壇上では、松永光雄監督が出場10選手を紹介。「たすきに思いを込め、たくさんの応援を力に変えて全力を尽くしたい」と述べた。

 伊藤聡汰主将(3年)は「昨年(27位)の悔しさを忘れず、攻めのレースを見せたい。支えてくれた人々への感謝を胸に、気迫の走りで恩返しをしたい」と意気込んだ。

 相馬三孝校長は「肩の力を抜いて、良い緊張感の中で挑戦してほしい。レース当日にベストコンディションで走れるように、最後まで集中して強い気持ちでたすきをつないでほしい」と激励した。

豊川男子は、4年連続5回目の出場。24日午後0時30分に号砲が鳴る。

2017/12/20 のニュース

伊藤主将が都大路へ意気込み(豊川高校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.