児童92人77文字に思い込め

素直で心温まる言葉が感動呼ぶ/敬老メッセージ入選作品発表会/豊橋

2018/08/26

 「全国敬老キャンペーン〝あいち〟おじいちゃん、おばあちゃんに手紙を書こう!」の入選作品発表会が25日、豊橋市八町通の市公会堂で開かれた。県モラロジー協会が主催し、豊橋モラロジー事務所が主管。東海日日新聞社などが後援した。

 入選した豊橋市・田原市の小学3~6年生92人が順番に舞台に立ち、77文字の専用はがきにつづった自らの祖父母への手紙を朗読した。また、豊橋市長賞や東海日日新聞社賞など特別賞が5人に贈られた。会場には、保護者や祖父母などが訪れ、子どもたちの発表に聞き入った。

 豊橋モラロジー事務所の石黒次郎代表は、「『長生きしてね』『恩返しするよ』など、素直で心温まる作品ばかりで、すばらしい。命の連続性や大切さがわかってもらえたら」とあいさつした。

 同キャンペーンは、親、祖先を敬い、命を大切にする理念のもと、今回21回目の開催。田原市の小学校への募集は今年が初めてで、豊橋・田原両市の小学校66校から、6801通の応募があった。

 特別賞の5人と他3人の計8人は、県代表として、10月14日に名古屋市で開催される発表会に出場する。

特別賞受賞の5人は次の皆さん

【豊橋市長賞】菅谷華恋(豊橋市下地小6年)

【豊橋市議会議長賞】酒井結夏(同市野依小5年)

【豊橋市教育委員会賞】河合隆虎(田原市野田小4年)

【東海日日新聞社賞】鈴木美音(同市羽根井小3年)

【東愛知新聞社賞】中根あさひ(豊橋市幸小6年)


2018/08/26 のニュース

手紙を発表する児童ら(豊橋市公会堂で)

あいさつする石黒代表(同)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.