万一への備えポイント紹介

児童ら防災マップ作成/津田小で発表会/

2018/09/09

 災害に備え、豊橋市津田小学校6年生が中心となって今年度から進めていた「防災マップ」が出来上がり8日、同所で発表会があった。児童の家族や校区の自治会役員らと一緒に発表を聞いた専門家は「素晴らしい出来栄え」と評価した。

 出来上がったマップは、地震などの災害発生時に液状化の恐れがあるポイントや、ひび割れた道路、鉄塔、古いブロック塀といった危険箇所が示されている。避難場所として適した施設や消火器、消火栓、AEDのある場所も紹介している。

 マップ作りは、校区で起こりうる災害について知り、校区全体で防災活動に役立てるのが狙い。

 「防災まちづくりモデル校区事業」の一つとして、6年生が主体となり、6月から作成に取りかかった。自治会の協力を得て町を歩き、その結果をまとめた。来年の3月に正式な冊子「校区防災マップ」にする予定で、校区住民らに配られるという。

 この日の発表会では、6年生が防災マップで記した危険箇所を説明し、避難場所を紹介した。発表会後、防災に関する講演をした東京大学工学系研究科准教授(都市工学専攻)の廣井悠氏は、「素晴らしいマップ。危険箇所はもちろん、町のいいところも見つけてくれた。問題を見つけるだけで終わらず、数年後にはそれを解決する立場になってもらいたい」と感想を述べた。

2018/09/09 のニュース

完成したマップについて説明する児童(津田小学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.