東三河から17人が選出

県教委の教職員表彰

2018/10/12

 県教育委員会の教職員表彰が11日発表され、東三河の小中高校と特別支援学校から17人が選ばれた。表彰式は17日午後3時から、県本庁舎で開かれる。

 10年以上の教職員経験がある35歳以上で、創意工夫のある教育活動で成果をあげた教職員を顕彰する。2007年度から毎年行い、今年は県内104人を選んだ。

東三河の受賞者は次の皆さん。

 小学校=河合良介(豊橋市二川南)、夏目裕介(同市幸)、白井健(同市大村)、小田敦子(豊川市八南)、福本秀昭(同市赤坂)、大竹峰子(蒲郡市三谷)、伊藤敬子(田原市田原南部)、伴卓朗(同市高松)、生田和彦(新城市千郷)

 中学校=成瀬佐知子(豊橋市羽田)、白井貴也(豊川市音羽)、河邊誠一朗(東栄町東栄)

 高校=石田徹(豊橋東)、牧原薫(国府)

 特別支援学校=猿渡愛二郎(豊川)

 事務職員=中広行(豊橋市鷹丘小学校)、大塚政典(時習館高校)

2018/10/12 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.