加治の菜の花畑で〝春〟味わう

「菜の花エコ・グルメチーム」のキッチンカー登場/飲むわらび餅など美味多彩に

2024/01/28

菜の花を使った商品をPRする菜の花エコ・グルメチームの一員(田原市加治町で)

 田原市加治町の「加治の菜の花畑」で27日、観光客に菜の花を使った料理を味わってもらおうと発足した「菜の花エコ・グルメチーム」のキッチンカーが登場した。今後も、2月下旬までの土・日曜を中心に並ぶ。

 同チームは、加治の菜の花畑を整備、管理しているNPO法人田原菜の花エコネットワークを支援している賛助会員のうち、飲食関係者らでつくる。地元の食材を使った洋菓子製造販売のパティスリーフェッテ(田原市)の藤井秀和さん(31)がまとめ役となり、立ち上げた。各店舗は、NPOが生産する菜の花や菜種油「たはらっこ」を使った商品を少なくとも1品販売する。

 藤井さんは「食で田原を盛り上げたい。菜の花が食べられることを観光客や出店者側に知ってもらい、菜の花商品が広がれば」と期待する。

 27日は、4店舗のキッチンカーが並んだ。パティスリーフェッテの乾燥菜の花を使った「飲むわらび餅」などのほか、生地に乾燥菜の花を練り込んだ「菜の花クレープ」(店名・Peco)、菜の花おひたしを具材にした「菜の花のおむすび」(OMUSUBIころりん)、ごまだれのからあげに乾燥菜の花をちりばめた「菜の花添えからあげ」(19番ホール)などが売られ、午前中から訪れた人たちが買い求めた。

 加治の菜の花畑は2月24日までに、東三河の計13店舗が出店を予定。日程は近くパティスリーフェッテのインスタグラムに掲載される。

加治の菜の花畑に出店したキッチンカー(同)

2024/01/28 のニュース

菜の花を使った商品をPRする菜の花エコ・グルメチームの一員(田原市加治町で)

加治の菜の花畑に出店したキッチンカー(同)

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP