使用額や満足度調査

オープンファーム実行委が来場者へ/農場体験や直売価格など高評価

2024/02/06

たくさんの来場者でにぎわった会場の一つ(豊橋市内で昨年11月撮影)

 農場を3カ所ぐらい巡り、使用額は3000円を超え、生産者の直売価格はとても満足―。豊橋市の「オープンファーム(OF)実行委員会」(尾崎幹憲委員長)が、まとめた第6回目OFの来場者のアンケート調査結果から、こんな結果が浮き彫りとなった。

 それによると、「農場を何か所行ったか」で3カ所が最多で23人、次いで2カ所が19人。4、5カ所も7人おり、来場者のほとんどは複数の農場に足を運んでいた。4回目、5回目はいずれも1カ所と答えた来場者が最も多かった。

 当日の使用額は、多い順に「2000~4000円」、「0~2000円」、「4000~6000円」。「8000円~」もあった。平均3115円で、5回目から185円少なくなった。

 「生産者の直売価格」は、7段階評価で最上位の「とても満足」が最多の23人。60人以上が「価格は妥当」と考えており、満足度は高かった。値上げラッシュが続く中で、農場体験を加えると相対的に安く感じる傾向がうかがわれた。

 OF全体の満足度は、これも7段階評価で最上位の「大満足」が最多。「期待外れ」と答えた来場者はいなかった。

 良かったと思った点について「新鮮な野菜が購入できた」、「普段体験できない事を子どもに体験させられた」などを挙げ、「農家から農業の役割の大切さを学べた」という来場者も。また、困った点については「行きたくても時間が足りなかった」、「(OFを)やっているか分からない所があった」などと指摘する来場者もあった。

 OFは昨年11月、47の生産者などが参加して開かれ、過去最多の延べ約5600人が来場した。終了後、スマートフォンで来場者にアンケート調査を実施し、このうちの64人が回答した。

 また、会場となった33カ所で生産者に同様の調査をした。その結果、来場者は300人以上が5カ所あり、うち1カ所で1000人を超えた。20人以下、40人以下もあった。

2024/02/06 のニュース

たくさんの来場者でにぎわった会場の一つ(豊橋市内で昨年11月撮影)

有料会員募集

今日の誌面

きらり東三河

吉田城若駒戦2023

高校生のための東三河企業情報サイト

ソースSHOP

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP