豊川出身の天野さんCD制作

市PRソングアルバム/「豊川って街がありましてね」発売

2021/01/26

 豊川市出身のシンガーソングライター天野正晴さん(32)=東京都=が今月、豊川PRソングアルバム「豊川って街がありましてね」を発売した。アルバムは一時、Amazon新着ランキングディスク・オンデマンド部門で1位を獲得するなど好評だ。

「ふるさとのために」期待寄せて

 天野さんは関東圏で市観光協会のイベントに出演し、市をPRしてきたが、昨年のイベントはゼロ。帰省もままならず、今年は初めて実家以外で正月を過ごした。それでも市を盛り上げる活動として何ができるかを考え、これまでの作品をアルバムとして発信することに決めた。

 収録曲は全8曲。2018年の「とよかわまちおこしフェスタ」で披露された「ふりむいて!いなりん!」や、とよかわブランドをテーマにした「しるし~とよかわブランド」、新型コロナの影響で中止になった昨年のまちおこしフェスタで発表予定だった「かがやく四季彩の街」など。地元の仲間と演奏したバンドバージョンも収録されている。

 アルバムは、新たに出会う人たちに市内を紹介する声かけの言葉をタイトルにした。その題字は、天野さんと親交が深いCMディレクターの中島信也さんが手がけた。

 天野さんは「アルバムが疲弊したふるさとの方々の心を奮い立たせられるような存在になればうれしい。楽曲が1曲でも多く、市のPRのために一人歩きして、多くの方々の耳に届くことを願っています」と期待を寄せた。

購入価格はCDが税込みで1650円、ダウンロードが同1350円。配信先はAppleMusicなど国内外41サイト。CD販売先はAmazon(受注生産)。

2021/01/26 のニュース

CDジャケット「豊川って街がありましてね」

シンガーソングライターの天野正晴さん(提供)

有料会員募集

東三河学生就職NAVIリクルーティング

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.