清と渋沢家との深い信頼関係

【寄稿】「渋沢栄一と村井清」㊤/豊橋市図書館主幹学芸員・岩瀬彰利/豊橋出身で明治の流行作家・村井弦斎の父/傍訓注釈西洋千字文の題字 栄一が揮毫

2021/05/16

村井清が出版した『傍訓注釈西洋千字文』(冨安廣次さん所蔵)

 NHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」でおなじみの実業家渋沢栄一(1840~1931年)。明治から大正にかけてたくさんの企業・事業を立ち上げました。2024年度から新1万円札の顔となります。意外にも豊橋の関係者と交流がありました。豊橋市図書...

この記事は有料会員限定です。
会員登録すると続きをお読みいただけます。

2021/05/16 のニュース

村井清が出版した『傍訓注釈西洋千字文』(冨安廣次さん所蔵)

渋沢栄一が揮毫した題字『傍訓注釈西洋千字文』。「四囲」が渋沢の書

掌内」が渋沢の書で、「渋沢栄一」としたためた

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.