三遠ネオが津屋一球と選手契約

チーム加入で来季へ決意を語る

2021/05/16

 プロバスケットボール・Bリーグの三遠ネオフェニックスは、昨季途中で東海大学から加入した津屋一球と、2021―22シーズンの選手契約を締結した。

 津屋は、昨年12月から特別指定選手としてチームに加入。3月に選手契約を締結した。通算36試合に出場し、1試合平均6・1得点、チームに欠かせない選手となり、「津屋ってるマフラータオル」が好評などブースターに愛される選手へと大きく成長した。

 津屋は「ブースターやスポンサー、スタッフとともに戦えるのがうれしい。自分自身は1日でも早くチームを勝たせられる、もっと応援したいと思ってもらえる選手、チームになっていく」と、来季への決意を語った。

 現在、津屋は3×3男子U23日本代表チーム候補選手に選出され、東京都内で開催する東京2020組織委員会のテストイベントに参加している。

2021/05/16 のニュース

チームに欠かせない選手へ成長した津屋一球(©San-En NeoPhoenix/中西祐介)

有料会員募集

きらり東三河

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.