加入事業所に防犯カメラ設置

こども110番の家/新城防犯協会連合会/千郷小で寄贈・運用開始式

2022/11/25

式典出席の皆さん(新城市立千郷小学校で)

 新城防犯協会連合会(坂巻邦彦会長)が「こども110番の家」加入の2事業所に子ども見守り用防犯カメラを設置。運用開始にあたり24日、関係者を集めて新城市立千郷小学校で防犯カメラの寄贈及び運用開始式が行われた。

 式には、坂巻会長と設置事業所の半田商店と今泉車輌販売(ともに同市杉山)をはじめ、同校校長、代表児童、千郷地区代表区長・区長、千郷青パト隊隊長、署長・署員ら15人が出席した。

 坂巻会長は、事業所に目録を渡し「将来を担う子どものため、今後も設置を続けていきたい」とあいさつした。

 毎日通学で同店前を通る6年の長坂晃太朗さんは「カメラが設置されて、安心して登下校できるようになる」とお礼を述べ、伊藤智明校長も日頃の見守り活動などを含め、カメラ設置に感謝した。

 藤森一雄署長は、寄贈に感謝するとともに「防犯カメラを新たな地域の目にしていきたい」と話した。

 式後、参加者は防犯カメラが設置された半田商店で設置状況を確認した。

 カメラは、ワイヤレス対応で24時間監視でき、ディスプレイでリアルタイムの映像が見られる。

こども110番シールと設置された防犯カメラ(新城市杉山の半田商店で)

2022/11/25 のニュース

式典出席の皆さん(新城市立千郷小学校で)

こども110番シールと設置された防犯カメラ(新城市杉山の半田商店で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.