3連覇を市長へ報告

第18回交通安全高齢者自転車愛知県大会で豊川市代表チーム

2022/11/25

豊川市チームが3連覇達成を報告した(豊川市役所で)

 17日に名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)で行われた第18回交通安全高齢者自転車愛知県大会で、3連覇を達成した豊川市代表チームの選手たちが24日、市役所に竹本幸夫市長を表敬訪問し、優勝と活躍を報告した。

 県交通安全協会が主催する大会は今年で18回目を迎え、県内各署管内から32チームが参加。65歳以上の高齢者が1チーム4人で出場し、自転車の運転技術や交通ルール順守を競った。

 豊川市チームは、小塩英勝さんと鳥居昌宏さん、山田陽司さん、金川幸喜さんの4人が発走。横断歩道や交差点、信号機などが設置された会場で自転車を巧みに操り、8の字やスラロームのコースを慎重に走行した。

 300点×4人で1200点満点。豊川市チームの得点は1151点で、2位の春日井とはわずか3点差の接戦だった。

 報告会では、大会前の練習法や地元小学校での普及活動など、自転車の正しい運転技術や安全意識向上、大会での心境について話した。

 竹本市長は「V3達成は、大会本番で力を発揮した皆さんの練習の成果。常日頃から交通安全の意識が高く、平常心で重圧を乗り越えた技術が素晴らしい」と活躍をたたえた。

2022/11/25 のニュース

豊川市チームが3連覇達成を報告した(豊川市役所で)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.