次郎柿の出荷始まる

選果作業など大忙し/JA豊橋

2017/10/20

 秋を代表する味覚の「次郎柿」の出荷が始まった。豊橋市石巻本町にあるJA豊橋の集出荷場では、パート従業員らが選果や箱詰め作業などに追われている。 同JA柿部会には360人余が所属し、柿の栽培面積の9割近くにあたる約200ヘクタールで次郎柿を...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2017/10/20 のニュース

選果作業の様子(JA豊橋の総合集出荷場で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.