JAPANが3年ぶりV

愛知県理事長杯争奪ソフトボール大会県大会/来月10月開催の東海地域一般男子大会へ

2017/10/25

 第32回愛知県理事長杯争奪ソフトボール大会県大会はこのほど、稲沢市福島野球場で開催された。豊橋ソフトボール協会所属のJAPANが3年ぶりの優勝。来年度10月の「東海地域一般男子大会」出場権を獲得した。

 優勝したJAPANは、1・2回戦を順当に勝ち進む。準決勝戦では初回、二死からいきなり3点本塁打と苦しい立ち上がりを強いられた。3回には、打者10人で石元の本塁打を含む6安打を集中。大量7点を奪う猛攻で、決勝戦に駒を進めた。

 決勝戦では、宿敵愛知TOPGunRZと対戦。初回、相手投手の立ち上がりを攻め、2連打に白木の犠飛と中井の本塁打で3点を先取した。続いて、2回にも中井が2本目となる本塁打で2点を追加。3回は、2死から3点を奪い試合を決めた。

 4試合を通じて本塁打6、三塁打、二塁打各4本を含み、50安打で打率4割6分3厘、防御率2・67と投打とも安定していた。

2018年度東海地域一般男子大会は、三重県で10月に予定されている

結果は次の通り。

1回戦=JAPAN6―4一宮中部衛生フェニックス∞
2回戦=JAPAN10―3ウイン
準決勝=JAPAN8―3Revolution

▼決勝
JAPAN
33311|11
01100|2
愛知TOPGunRZ
(J)石元―三谷(愛)大澤―村上▽本塁打=中井②(J)、稲垣(愛)

2017/10/25 のニュース

優勝したJAPAN(豊橋ソフトボール協会提供)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.