過去最高の5人入賞

「理美容甲子園」で快挙/アーティス・ヘアー・カレッジ

2017/12/01

 豊橋市駅前大通の美容専門学校アーティス・ヘアー・カレッジ(杉田薫校長)の学生12人が11月21日、東京都渋谷区の東京体育館で行われた第9回全国理容美容学生技術大会「理美容甲子園2017」(日本理容美容教育センター主催)に出場し、5人が入賞した。

 本年度は、全国11地区の理容美容学校219校から約3000人が地区大会に参加し、本選には7種目に513人が出場した。

 理容、美容、ネイルアート、ヘアデザイン画部門に分かれ、理容部門3種目、美容部門もワインディング、カット、アップスタイルの3種目に分かれる。事前に出品するヘアデザイン画以外は、競技時間内に技術を競う。

 同校は7月の東海地区大会で12人が優秀賞を獲得し、全国大会に出場。5人入賞は、東海地区出場校のうち「伊勢理容美容専門学校」にならび1位。同校でも2014年の1人入賞以来の最高記録となる。

 カット種目では出場選手96人中、同校の3人全員が入賞。銅賞に輝いた深谷隼平さん(22)は、「金賞を目指していたので、発表直後は悔しさのほうが大きかった。先生が駆けつけてくれて実感し、喜びも湧いた」と話す。

入賞したのは次の皆さん。

 【美容部門】
 「アップスタイル種目」9位優秀賞=天野文菜

 「カット種目」3位銅賞=深谷隼平、5位優秀賞=林智穂乃、8位優秀賞=松尾優依(1年)

 【ヘアデザイン画部門】
 8位優秀賞=佐野知寿佳

2017/12/01 のニュース

カット種目銅賞の深谷さん

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.