【新春懇談会詳報②】

人生100年時代の仕組みづくりを/新城市長・穂積亮次

2018/01/11

 人生100年時代を支える仕組み、新しいモデルを作りたい。65~75歳の高齢者のうち半分が「支える側」に回れば、現在の社会保障の水準を維持できるという試算がある。高齢者の所得機会を増やし、高齢者どうしが支え合い、若者に負担をかけず、その力を...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/01/11 のニュース

穂積亮次新城市長

山下政良田原市長

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.