鬼はらい開運祈願

牟呂八幡宮地域住民でにぎわう

2018/02/04

 豊橋市牟呂町の牟呂八幡宮は、恒例の節分祭を開催した。年男年女、厄年を迎えた男女、厄除(よ)け祈とうの参加者ら計約200人による景品入り豆まきを行い、多くの地域住民らが訪れた。

 節分祭は、災いや凶事を「鬼」と称し、はらい清めて開運を祈願する行事。豆まきは、午前10時半、正午、午後2時、午後4時の計4回実施された。

 景品には、日本酒や菓子、野菜などが多数用意され、住民らはうれしそうに拾った引換券を交換していた。

豆と笑顔も振りまく/田原の潮音寺で天野鎮雄さん

 田原市福江町の潮音寺では節分会が行われた。ラジオパーソナリティーやタレントとして「アマチン」の愛称で親しまれ、俳優としても活躍する天野鎮雄さんも参加。豆まきなどを楽しむ220人以上の参拝客でにぎわった。

 豆まきは、境内の特設舞台で数回行われ、「福は内」のかけ声で景品引換券入りの豆や餅、お菓子などがまかれた。

 豆まき後、天野さんは「私の笑顔や福が届いたかな」と声をかけるなど、客たちと交流した。

年男ら盛大に「福は内」/豊橋・龍拈寺豆まきに境内熱気

 豊橋市新吉町の龍拈寺では、恒例の節分会が開催された。午前と午後の2回、約90人の檀家や年男らが盛大に福を呼び寄せる豆まきを繰り広げた。

 裃(かみしも)姿の年男らは、本堂で開運招福の御祈とうを受け、鬼を払った。御祈とう後は本堂から境内に続く特設舞台に移動。「福は内」の呼び声で、駆けつけた近隣住民や子どもたちなど大勢の人々が待ち受ける中、威勢よく豆まきを行った。

 福豆、お菓子、餅などが降る中、にぎやかな歓声もあがり境内は熱気に包まれた。

2018/02/04 のニュース

豆まきをする参加者ら(豊橋・牟呂八幡宮で)

舞台上から参拝客に話をする天野さん㊨(田原市福江町の潮音寺で)

福を求めて大勢の人でにぎわう豆まき行事(豊橋市新吉町の龍拈寺で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.