見事な創作料理がずらり

豊橋調理製菓専門学校でとよちょう作品展/学生の1年間の集大成

2018/02/06

 豊橋調理製菓専門学校(豊橋市八町通1、鈴木良昌校長)は4日、「とよちょう作品展」を開催。学生の1年間の集大成として、料理作品展示やレストラン、カフェコーナー、焼き立てメロンパン販売など、館内は大勢の人で賑わった。

 同展は、楽しみながら食について学んでもらおうと、年に1度の開催で45回目を迎えた。

 学生は日本料理、西洋料理(フランス料理・イタリア料理)中国料理、製菓製パンの分野ごとに学習の成果を表現。開館前に教職員が審査し、最高賞の「とよちょう賞」などを発表した。さらに、賞に漏れた作品は来館者らによる投票で「パブリック賞」が決められる。訪れた人々は、堂々並ぶ見事な創作料理に感心しながら投票用紙に書きこんでいた。

 同校の小林亮真事務局長は「普段の授業は受け身的だが、自分で作る目的意識をしっかり持ち、思いを表現している。家族にも見てもらおうと頑張った」と話し、学生は卒業・進級に向けてのステップとして真剣な姿勢を見せた。

2018/02/06 のニュース

来館者の注目を浴びる料理作品の展示(豊橋調理製菓専門学校で)

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.