リチウム電池の容量2倍に

電極材料に赤リン使用/EV走行距離も倍以上に伸びる可能性も/豊橋技科大の東城友都助教ら研究グループ報告

2018/05/18

 リチウムイオン電池(LIB)の電極材料にカーボンナノチューブ(CNT)に詰め込んだ赤リンを使うことで、電池容量が従来より約2倍増えることが、豊橋技術科学大学の東城友都助教(電気電子材料工学)らの研究グループの実験でわかった。この電池を利用...

この記事は有料会員限定です。会員登録すると続きをお読みいただけます。

2018/05/18 のニュース

細孔を開けたカーボンナノチューブの電子顕微鏡画像(豊橋技術科学大提供)

実験結果を報告する東城助教

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.