【ティーズ】番組から 

夢実現!出会いと落ち着く居場所

コーヒーハウス「りとるばーど」青木秀夫さん(豊橋)

2018/08/03

【ティーズチャンネル/いいとこいっぱいThank you べりー街!豊橋編】
 オープンは1997年。豊橋市賀茂町代官屋敷のコーヒーハウス「りとるばーど」は、「いずれは、人と接する仕事をしたいと思っていた」という、店主の青木秀夫さんの念願が叶(かな)ってのオープンだった。

 柿畑に囲まれ、洋風の田舎をイメージした建物は、まるで物語の世界に迷い込んだよう。「女性のお客さま一人でも気軽に入れるお店」であることを一番大切にしているだけあって店内は禁煙。コーヒーの香りも楽しめる。木のぬくもりを感じ、テラスには緑があふれる落ち着いた雰囲気だ。

 アメリカンタイプのふんわりワッフルに、ヨーロピアンスタイルのブレンドコーヒー。スイーツに合うよう、エスプレッソに近い味で提供する青木さんの気遣いに心も温まる。

 名古屋に通勤した35年間のサラリーマン時代を過ごすも、夢の実現を目指して定年を待たずに退職した。妻・敬子さんの理解と協力もあって、おいしいワッフルが食べられる喫茶店を始めたのだ。「夫婦で20年間楽しんだ」と話す。

 「また来たよ。覚えてくれてる?」と訪れる99歳のお客さん。そんな出会いも大切にしている。「変わらぬスタイルで続けたい」。優しい笑顔のご夫婦が印象的だった。

2018/08/03 のニュース

「りとるばーど」店主の青木さん

緑あふれる店舗外観

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.