小中学校に冷房設置検討

豊橋市/定例会見で佐原市長/今夏の猛暑受け「早いうちに」/市試算で20~30億円

2018/08/03

 豊橋市の佐原光一市長は2日の定例記者会見で、市内の小中学校の全普通教室に冷房を導入する方向で検討に入る考えを示した。猛暑の影響で、クーラー設置を見送ってきたこれまでの方針が転換される可能性が出てきた。

 市によると、小中学校では校長室や職員室、保健室などにエアコンを設置している。一方で、1196室ある普通教室のうち、冷房設備があるのは幹線道路沿いで騒音対策のため窓を開けられない2中学校に限られ、冷房設置率は2・5%にとどまる。

 この夏の猛暑を受け、市が7月10日から市内の学校で教室内の温度を測定したところ、昼間に30度超を記録したという。

 会見で佐原市長は「早いうちに市の方針をまとめたい」とした上で、冷房設備について「入れる方向で検討することになる」と述べた。全小中学校の普通教室に冷房を設置するには20~30億円かかると市は試算する。

 これまで市は「汗をかくときは、かく」(佐原市長)ことで暑さに対応できる体作りなどを念頭に、普通教室にあえてクーラーを設置しない方針を掲げてきた。今夏の異常な暑さにより方針転換を迫られた格好だ。

 東三河の自治体では、豊川市が先行して小中学校へのエアコン設置を進めている。

2018/08/03 のニュース

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.