水防功労者国交大臣表彰に選出

豊橋市消防団と豊川市消防団 31日に表彰式/昨年6月の豪雨災害での水防活動評価

2024/01/26

警戒巡視に走る消防団の車両(豊橋市提供)

 豊橋市消防団(武田真次団長)と豊川市消防団(小野英樹団長)が、水防功労者国土交通大臣表彰に選ばれた。昨年6月の豪雨災害での水防活動が評価された。今月31日に東京・霞が関の国交省で表彰式が行われる。

 国交省が24日、発表した。洪水などの被害軽減に貢献したとして、両消防団を含め全国で6つの消防団の受賞が決まった。

 台風2号の接近に伴い記録的な大雨が降った際、豊橋市消防団は6月2日から3日にかけて延べ1264人、豊川市消防団からは同337人の団員が出動し、河川の警戒巡視や住民の避難誘導などにあたった。

 こうした水防活動が、人命の安全確保と被害の軽減に多大な貢献をしたと認められた。

 昨年6月の記録的大雨では、愛知県東部に線状降水帯が長時間かかり続け、豊橋、豊川両市などの各地で川が氾濫(はんらん)。多くの住宅で床上・床下浸水が発生した。冠水した道路で多くの車が水没し立ち往生したほか、農地や農業用施設も広範囲で被害を受けた。

豊川市消防団の桜町での活動(市提供)

2024/01/26 のニュース

警戒巡視に走る消防団の車両(豊橋市提供)

豊川市消防団の桜町での活動(市提供)

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP