東三河の魅力を探求

新城有教館高校ビジネス創造系列の生徒ら/2チームがフィールドワーク開催

2024/01/26

豊川の商店街で魅力探しをする生徒たち(提供)

 新城市の県立新城有教館高校は23日、豊川市と新城市の2カ所で東三河の魅力を探すフィールドワークを行った。ビジネス創造系列で観光ビジネスを学ぶ2年生10人が、豊川と新城の2チームに分かれて実施した。

 豊川チームは豊川商店街に、新城チームは鳳来寺山に訪れ、「ひとり旅」をテーマにした観光コンテンツの材料探しをした。

 そのうち豊川チームは、豊川稲荷門前通りの店で豊川創作いなり寿司を取材し、地元の人たちの手作り品が並ぶ店に立ち寄るなどして、豊川の魅力を調査した。

 豊川市出身の細井心湖さん(17)は「創作いなり寿司の種類の多さにびっくり。手作り品を扱う店では、地元のものを広めたいという強い気持ちが伝わってきた」と話した。石川莉那さん(17)は「普段通っている商店街なのにいろいろな発見があり、豊川の魅力を改めて感じた」と話した。

 今後、生徒たちはフィールドワークの結果をもとに観光コンテンツのアイデアをまとめ、3月の最終授業で発表する。

 県の「地域に根ざしたビジネス創出をめざす」事業の一つで、豊川市と新城市が連携して実施した。

2024/01/26 のニュース

豊川の商店街で魅力探しをする生徒たち(提供)

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP