「元気な物語進めて」激励も

新城市のベンチャー 青森・八戸市にサテライトオフィス

2024/01/26

豊橋会場と八戸会場を結び、開かれたサテライトオフィスの開所式の模様。左側の画面で八戸市の佐々木課長㊧と鈴木社長(エムキャンパスから)

 ドローン(無人航空機)事業などを展開する新城市のベンチャー企業「みかわ元気ものがたり」が、青森県八戸市番町のコワーキングカフェ「エスタシオン」にサテライトオフィスを開設した。25日、豊橋市の同じコワーキング「emCAMPUS(エムキャンパス」のサテライトオフィスと結び開所式が開かれた。

 式では、青森会場にいるみかわ元気ものがたりの鈴木達也社長が新城市や事業内容を説明した後、エムキャンパスのサテライトオフィスで取り組んでいる「ドローンビジネス なんでも座談会」を紹介。「一緒に行っている仲間たちから、私の(八戸市への進出という)チャレンジにいろいろアドバイスを受けた」と感謝した。エムキャンパスからはエムキャンパススタジオの石川拓さんが鈴木社長に激励のメッセージを送った。

 八戸へのサテライトオフィスの開設は、岩手県の企業に続き第2号目。青森会場の八戸市産業労政課の佐々木誠課長は「(愛知)と八戸市の懸け橋になってもらい、八戸で元気な物語を進めていただければありがたい」と励まし、「市もそれをサポートしていきたいと思っている」と述べた。

 市は2021年度から、青森県外に本社を置くIT関連企業などの交通費や宿泊費を負担する代わり、市内に滞在して試行的に業務体験してもらう「おためしサテライトオフィス誘致事業」を進めている。鈴木社長はこれに応募していた。

2024/01/26 のニュース

豊橋会場と八戸会場を結び、開かれたサテライトオフィスの開所式の模様。左側の画面で八戸市の佐々木課長㊧と鈴木社長(エムキャンパスから)

有料会員募集

今日の誌面

東三河学生就職NAVIリクルーティング

東三河学生就職NAVIリクrooting2025

高校生のための東三河企業情報サイト

税理士法人ひまわり

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.

PAGE TOP