トヨタ勝田選手が3位

WRC最終戦ラリージャパン閉幕

2022/11/15

表彰台に立つ勝田選手(右から2人目、Rally Japan提供)

 世界ラリー選手権(WRC)の日本ラウンド「ラリージャパン」は4日間の競技を終え、13日に閉幕した。トヨタGAZOOレーシング所属の日本人ドライバー、勝田貴元選手=愛知県出身=は総合3位で表彰台に立った。

 勝田選手がWRCの表彰台に上がるのは3度目。今季はケニアに続いて2度目となった。総合1位はヒョンデ・シェル・モビスのティエリー・ヌービル選手=ベルギー=だった。

 ラリージャパンはWRCの今季最終戦。愛知、岐阜両県で開かれ、東三河でも設楽町、新城市で競技が行われた。日本でのWRCは12年ぶりだった。

2022/11/15 のニュース

表彰台に立つ勝田選手(右から2人目、Rally Japan提供)

東日新聞サイトコンテンツ(PC表示)

連載コーナー

ピックアップ

読みたいコーナー

有料会員募集

きらり東三河

東三河学生就職NAVIリクルーティング

高校生のための東三河企業情報サイト

連載コーナー

ピックアップ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.