「睡眠」わかりやすく解説

萩小で上級睡眠健康指導士・田中邦幸さん/豊川

2017/10/28

 豊川市萩小学校(黒谷豪校長、全校生徒82人)で27日、学校保健活動が開かれた。上級睡眠健康指導士で睡眠改善インストラクターの田中邦幸さん(快眠館代表、同市大木町)が、健康や子どもの発育にとって大切な睡眠について話した。

 田中さんは様々なデータに基づき、動物の話やクイズを交えて睡眠についてわかりやすく解説。「日本の子どもは世界で一番睡眠が少ない」「8、9時間寝る人は一番成績が良い」などと紹介し、「朝は太陽の光をしっかり浴びて食事をしっかり取り、夜は明かりを落として直前の激しい運動やテレビゲーム等は避けること。寝る前にくよくよ考えないことも大事」と呼びかけ、1、2年生は9時まで、3、4年生は9時30分までに、5、6年生は10時までに寝るよう勧めた。

 同校の9月他の調査では、全校の半数以上が1人で起きられない、すっきりと目覚められないと答え、28日から1週間、早い就寝を目指すためのポイントカードを取り入れる。

2017/10/28 のニュース

クイズに手を挙げる児童たち

有料会員募集

東三河の家造り「住蔵」

連載コーナー

ピックアップ

東三河見ごろ

Copyright © TONICHI NEWS. All rights reserved.